歯科助手の対応法

歯科助手の対応法について

歯科の助手はどんな対応をするか

歯科で受診をするときに助手の人が対応してくれることも往々にしてあります。助手の人が歯科衛生士であれば口の中を触ることができるため、プラークや歯石の除去を行い塗薬をしてくれます。場所によっては歯磨き指導もしてくれるところもあります。では、資格のない人はどのような対応をするのかというと雑務全般になります。患者が使うための器具を準備したり、待合室から診察室への誘導を行ったりします。事務も受け持っていることもあり、治療代を計算、請求することもあります。口の中を触るには専門の資格が必要になるため、持っているか持っていないかでできることが異なります。

歯科助手にできること

歯医者さんの助手には特に必要な資格はありません。夜遅くまで診療しているクリニックでは大学生などもアルバイトで働いています。歯科医院のアシストの仕事は、最初は治療の手順や、流れ、また滅菌機の扱い方など覚えることが比較的多いのですが、半年ほどで流れが理解でき、自然と次に出す機器などが準備できるようになります。また、患者さんと会話をすることも多いのである程度のコミュニケーション力も求められます。歯科医院では患者さんのほとんどは痛みなどの症状があり、不安や恐怖を持っています。笑顔で温かく接してくれる助手スタッフは大切な役割を果たしています。

↑PAGE TOP