入れ歯のヘルプ集です

入れ歯のトラブル解決

保険適用外の入れ歯とは

保険が利くのと利かない入れ歯は、いったい何が違うのかと疑問に思うかもしれません。保険でできる入れ歯は、レジンというプラスチック使用で、硬めなので、顎の減りが早くなり、痛みも発する事もあり、変色もしやすい素材でできています。一方保険適用外だと、顎骨にフィット感があり、素材が柔らかい物もあり、耐熱に対応する物もあります。また、部分的に使用する物は、金具を使わず、バネが見えなくて軽くて、見た目わからない物もあります。

入れ歯の構造と種類について

入れ歯とは、虫歯やケガで失った義歯のことを言います。その構造は、土台の「床(しょう)」と歯の「人工歯(じんこうし)」の2つがセットになっています。種類は、自分の歯がない場合の総入れ歯と部分的に装着するタイプに分かれます。保険適用のものと適用外のものがあります。一番の違いは、素材であり、料金も10倍ほどの差があります。一生お付き合いするものですから、口腔内の清潔を心がけることも必要です。歯磨きばかりではなく、専用洗浄剤などのケアの必要性もあります。

↑PAGE TOP