歯科と健康について

歯科で歯並びの治療を

妊婦と歯科検診について

妊娠中は、ホルモンの増加により、口内にも影響し、歯肉炎になりやすくなり、さらに、つわりの影響でブラッシングが困難になって、虫歯になりやすくなっております。そのため、歯科検診に定期的に行くことがお勧めです。 ただし、時期は、安定期に入ったあたりに通うことが推奨されます。安定期は、つわりが減退していき、お腹もそこまで大きくなっていない時期です。 心配な、レントゲンや麻酔、投薬の影響は、放射線は胎児に当たることはなく、麻酔も通常の量ならばほとんど影響がありません。

歯科では歯磨きの指導も受けられる

予防歯科という観点で訪れてくる患者も増えてきています。そのために、しっかりとした歯磨きの仕方を指導することのできる優秀な衛生士が在籍する医院は人気があります。歯磨きには正しい磨き方があり、うまく磨くことによって虫歯予防だけでなく歯周病の進行も防ぐことが可能となります。現在痛みなどの症状がなくても、一度歯科医院で検査を受けて、しっかりとした正しい歯磨きの方法を改めて学んでくるというのもおすすめです。

↑PAGE TOP